2017年1月27日金曜日

留学報告(最終回) 修了式


 今日は、留学生生活最後の登校日になりました。そして、修了式に参加してきました。
 修了式では、一人一人に修了証書が手渡されます。修了証はここでたくさんのことを学んだ証となるので大切にしたいと思います。
 

 修了式の後は、みんなでご飯を食べ先生方と話をしたり、授業を一緒に頑張った仲間と楽しい一時を過ごすことができました。とても楽しい雰囲気で最後を終えることができ、大変満足しています。
 このプログラムを通して、たくさんの友人や先生方と出会うことが出来ました。授業では分かりやすく実際に使える英語を勉強し、たくさんの先生方と話すことが出来ました。授業以外でもたくさんの思い出を作ることが出来ました。
 留学する前はアメリカに行っても自分の英語力だとコミュニケーションを取ることができずに、友人を作ることも難しいのではないかととても不安でしたが、現地には日本語や日本文化を勉強している学生もたくさんいたので、友人は日本語を使い、私は英語を使うなど互いに教えながらコミュニケーションを取ることが出来ました。
 ホームスティ先では日本語は通じないので、英語でしかコミュニケーションを取ることが出来ません。しかし、授業で教わった事を帰って即実践する事が出来ます。日本語が通じないという環境はとても大変でしたが、英語が身につくスピードが驚くほど早いと感じました。
 私は今回のプログラムに参加し、たくさんの経験をすることが出来ました。約2カ月という長いようで短い期間アメリカで過ごすことで、自分の視野を広げることが出来たと思います。とても充実した留学になりました。
 また機会があったら海外に行きたいと思います。最後になりますが、こういった経験をすることが出来たことに感謝したいと思います。