2016年12月9日金曜日

留学報告⑦ イベント参加で感じたこと

 こんにちは、 東金キャンパスの経営情報学部の岩瀬俊広です

 私は学校行事でロサンゼルスにあるグリフィストン天文台に行ってきました。城西国際大学の生徒とロングビーチ校の生徒合わせて約30人が、スクールバスでグリフィストン天文台まで向かうイベントです。学校からグリフィストン天文台までのおよそ1時間のバスの車中では、お互いに交流を深めながら楽しく現地に向かうことができました。グリフィストン天文台に着き、記念撮影をしました。


 グリフィストン天文台からもロサンゼルスの素晴らしい景色が見えました。グリフィストン天文台から遠くに見えるハリウッドサインを目指し歩いていると、途中で50センチくらいの狭い道幅となります。ここでもお互いに声を掛け合いながら、ハリウッドサインまでたどり着くことができました。ここでは、私が今まで見たことがないような綺麗なロサンゼルスの夜景を見ることができました。


 この行事を通して私が感じたことは、言葉が通じなくともお互いを尊重し、思い合うことができるということです。異文化コミュニケーションにおいては、この気持ちが何よりも大切で、語学力はその一部にしか過ぎないのではないかと思いました。もちろん語学力があるとより深いコミュニケーションが取れると思いますし、伝えたいことが言葉にできないもどかしさは少なくなると思います。しかし、相手に対しての気遣いなどはボディランゲージや態度やちょっとした言葉で相手にしっかり伝えることができることに気づけたのは、私にとって大きな収穫です。また同時に、語学力をもっと高めていきたいと思うきっかけになったイベントでした。