2016年12月1日木曜日

留学報告⑤ 英語の授業について

 3年の美島です。
 今回は授業についての話をしたいと思います。
 当然と言えば当然なのですが、こちらの授業はすべて英語で行われます。とても早くて聞き取るのが難しく、正直なところ何を言っているのか全くわかりませんでした。しかし、徐々に英語の聞き取りができるようになってきて、最近では先生方が何を言いたいのかが分かることが多くなってきて、自分自身でも確かな成長を感じることが出来ます。


 それでも分からないことは多いのですが、アメリカの教室ではその都度分からないことを聞くことが当たり前といった感じで、日本のときと違ってあまり躊躇することなく質問しやすかったりします。ですので、自分で言うのも何なのですが、授業態度も随分積極的に変わり、質問することで理解を深めることができている気がします。
 また、発音の授業では似た音の聞き取りなどがあります。例えばBとVなんかの違いを意識して、どちらの単語なのか(例えば、base なのか、Vaseなのかという具合に)を判定するのです
 こちらの方はまだまだ完璧に聞き分けるようなレベルではなく、戸惑うことが少なくありません。日本に帰国してからの課題と感じています。


 このように授業では先生たちとコミュニケーションをたくさん取る事が出来る授業構成になっており、日本でこれまで体験してきた英語の授業とは随分異なり、もっと早く留学しておけば良かったなぁと思いました。